【Q&A】

●「織田氏の美濃侵攻」が使用されていない場合でも「織田氏との同盟」を使用できるのか?その場合、もう織田氏の参戦はなくなると考えてよいか?

→はい。

【Q&A】

●戦闘回避するか否かの決定は次のいずれのタイミングでおこなうのか。
1 手番側ユニットが非手番側ユニットが存在するスペースに進入してきた時
2 手番側プレイヤーが野戦実施の決定をした時

→1のタイミングで宣言してください。

【Q&A】

●勝利ポイントの(3)、(4)及び(5)の「最後の合戦で負けた場合」の認定をどうするのか? プレイ時に混乱しないか?

→合戦が発生したとき、付属のマーカーをマップの脇に置くことで記録してください。新たな合戦が発生したときマーカーの裏表を変更することにより対応してください。

【Q&A】

●ゲーム開始時の諏訪はどちらの支配下なのか?武田支配下で反武田の2ユニットが包囲している状態なのか?

→はい。武田側支配下で、反武田側2ユニットが包囲した状態です。

【Q&A】

●木曾などの中立武将を調略により武田の味方にさせた場合、その郡の信濃勢のユニットを登場させてよいのか? 駄目とはかいてないが、例えば武田の味方になった途端、武田は木曾本人と部隊の二つが手にはいるが、反武田は木曾本人のみしか手に入らないので、ちょっと気になりました。

→はい。この場合、武田側は木曾本人と部隊と両方を入手します。

【Q&A】

●長尾氏の参戦について。4ターンに3作戦ポイントを投入するか、5ターンにカードイベントで参戦するか、のいずれか以外あり得ないのではないか? 6ターン以降は参戦不可能ではないか? 4ターンと7ターンを比較すると、4ターンの方が参戦しやすいのは、デザイン上狙い通りか?

→長尾氏の参戦について下記の通り明確化してみます(2.1.2.1~2参照)。
4ターン開始時に長尾氏参戦マーカーを参戦トラック1欄に置きます。5ターン開始時、長尾氏参戦値が1のとき、ターントラックの最低値を下回っているので長尾氏参戦マーカーを参戦トラック2に移します。同様に6ターン開始時、長尾氏参戦値が2以下のとき、長尾氏参戦マーカーを参戦トラック3に移します。以下同様。
以上、ターントラック上の最低値からターンが進むにつれて長尾氏のみは参戦しやすくなるはずです。

【追加】

2.2.2.1
下記項目を追加します。

例外:2ターンの記載「馬場信春」は「2ターン開始時、武田側が馬場信春ユニットを自軍支配スペースの1つに配置する」ことを示す。

【Q&A】

●カード番号26「中小勢力の処分」は、どのように使うのか? 味方の大将を処分するとははなはだよくわからないのですが、反武田に調略されないようにするためか?その程度しか思いつかなくて。

→記載の通り、調略カードで調略されないようにするためです。

【Q&A】

●勝利条件について。武田側は甲斐国9ポイント、越後国4ポイントで差が5ポイント。武田側が信濃国内で9ポイント確保すれば武田側の勝利となる。信濃国内の9ポイントは上伊那郡、諏訪郡、佐久郡、筑摩郡及び木曽郡で確保できる。村上氏と戦わなくとも勝利できるのでは?

→セットアップ時、勝利ポイントマーカーを勝利ポイント表示トラック上の1欄(諏訪郡の支配による)に置いてゲームを開始してください。武田側がゲーム開始時保持しているスペースに付属しているVPはカウントしません(ただし、反武田側が支配したときはマイナスとしてカウントします)。また、VPを伴う中立スペースが反武田側支配になったとしても、武田側はVPを失いません。
なお、ミスにより、勝利ポイントマーカーが用意されておりません。支配マーカー(裏は反武田支配となっているもの)で代用ください。勝利ポイントがマイナスとなったときはこのマーカーを裏返して使用してください。

【Q&A】

●帰還フェイズの順番は決められているが、反武田側の帰還は武田側の帰還に影響するのか? 例えば帰還フェイズ開始時は連絡線が通らなかったが反武田が帰還することによって連絡線が回復する場合もあると考えてよいのか?

→はい。

【Q&A】

●6.2.3「敵支配スペース、城外に敵ユニットのいるスペースに侵入したとき、そのユニットは行軍をやめなければならない。敵が戦闘回避に成功した場合、さらに移動を続けられる」とあるが、戦闘を回避に成功したとしても、城攻めをしていない段階では、支配は変更されていないので移動が継続できるというのはおかしいと思うが、続けてよいのか?

→攻城戦力(1ユニット以上)さえ残していけば、さらに移動を続けることができます。

【Q&A】

●「佐久郡小諸」「小県郡長窪」「下伊那郡吉岡」の三箇所は、ゲームの開始時どこの勢力の支配なのか?「ただの」中小勢力なのか、それとも、大井や知久といった中立武将の領土なのか?

→独立した「ただの」中小勢力です。

【Q&A】

●損耗フェイズには順番が関係あるのか? 例えば、反武田が損耗することにより連絡線を切っていたユニットが除去され連絡線が回復し、その結果武田の損耗チェックの際には不利な修正がなくなるということは有り得るか?

→いいえ。同時に実施します。

【Q&A】

●また、後半に「敵城砦を包囲して敵の影響がなくなったばあい」とあるが、この包囲とは具体的にどのようなことをさすのか?単に何か部隊を配置すればよいのか?移動の途中で、部隊をおいていけば敵支配の城を次々と停止せずに移動続けてよいのか? このとき損耗した部隊でも包囲は可能なのか?

→攻城用に1ユニットをそのスペースに留めることを指します。そのようにユニットを残していけば敵支配スペースを連続して移動することも可能です。なお、損耗したユニットを包囲に指定することもできます。

【Q&A】

●「ただの」中立勢力が存在するのなら、武田・反武田のいずれかがその勢力へ侵攻した場合、対応はどうすればいいのか?反武田側が侵攻した場合は「武田領になる」で処理できそうだが、逆の場合はそのスペースの帰属先が不明になる。

→侵攻していない陣営に帰属します。ちなみに武田側が侵攻したとき、反武田側の中立勢力の1つとして処理します(反武田側ユニットは篭城可能)。